任意整理

任意整理

弁護士が債権者と裁判外で交渉する方法。違法利息による過払い金がある場合はその分を減額し、将来利息を付さない等の条件で返済計画を作成。その計画に基づき返済する。

メリット デメリット
  • 柔軟な対応が可能(業者とのみ交渉し、親族からの借金は全額返済する等)
  • 減額できるのは少額のケースが多い
  • 和解がまとまらない可能性がある
メリット
  • 柔軟な対応が可能(業者とのみ交渉し、親族からの借金は全額返済する等)
デメリット
  • 減額できるのは少額のケースが多い
  • 和解がまとまらない可能性がある

相談はいつでも無料

相談の際に料金を請求することはありませんので、ご安心下さい。 また事件の受任に至らない場合でも、一切の費用はかかりません。お気軽にご相談下さい。

土日祝日・時間外も相談可能

土日祝日・時間外でも、可能な限り対応致します。お気軽にお問合せください。

事例(これまでのご相談内容)

将来利息をカットし,収入の範囲で無理なく返済できる金額に(負債総額約100万円)

仕事を辞め,無職の期間に借入をして生活費を補っていたが,再就職後,収入が以前よりも下がってしまい,返済しては借入をするという自転車操業になってしまったという方からご相談がありました。月々の収入額,支出額等を詳しく伺った結果,任意整理でご依頼をお受けすることになりました。各債権者との交渉の結果,将来利息をカットした上で,収入の範囲内でゆとりをもって返済できる期間にリスケジュールを行うことができました。

コメント

転職時の隙間の期間に借入をして,返済が困難になったという方は多くいらっしゃいます。この方は,早めにご相談に来ていただいていたので,任意整理でも無理なく進めることができました。返済のために借入をするようになっている場合,賞与や収入が上がる見込みがない限り,債務を減らすことは困難であることが多いので,早めにご相談いただくことが解決の近道です。

自動車を残しつつ,返済のリスケジュールを行うことができた事例(負債総額約250万円)

複数の消費者金融や信販会社に総額約250万円の債務を抱え,何とか返済しているが,少しずつ遅れるようになっているという方からご相談を受けました。個人再生を行えば,債務総額を減らすこともできる方だったのですが,自動車ローンもあり,自動車を引き揚げられてしまうとどうしても困るということでした。そこで,任意整理を行ってきちんと返済していけるかを詳細に検討したところ,月々の支出を見直してもらうことで,返済原資を確保できると考えられました。任意整理を行い,最終的には,自動車ローンを払いながら,無理なく返済できる金額で各債権者と和解することができました。

コメント

自動車ローンなど,一部のローンをどうしてもそのまま残したい方は,任意整理を選ばざるを得ないことが多いのですが,その場合でも,収支を細かく検討し,支出を削っていくことで,無理なく返済できる金額での任意整理を行うことができるケースもあります。どうしてもローンが残った車を残したいという方は,あきらめず,まずは弁護士に,月々の収支をお伝えください。その上で,削れる支出がないかなど,返済原資を確保する方法を検討していきましょう。

弁護士費用

法律相談料

法律相談料 無料

通常、弁護士にご相談される際には相談料がかかります。そこで、借金問題でお悩みの方の経済的負担を考慮し、相談料を無料としております。

任意整理・過払金返還請求の費用

着手金 1社目: 40,000円
2社目以降:1社につき 30,000円
報酬金 過払金返還の場合のみ、得た経済的利益の20%

※弁護士費用は消費税抜の金額です。

※切手代などの実費が別途発生致します。費用については、弁護士より詳しくご説明いたします。

※夫婦で同時申立、法人と代表者で同時申立のケースなど、負債の原因等が共通する場合には、事案に応じて減額も検討いたします。

利用者さまの声(任意整理の方)

生活費の不足分をクレジットカードや銀行のカードローンで借りては返しを繰り返していたのですが、父の葬儀などで出費が重なり、どこからも借りることも出来ず返済の目処も立たずに途方に暮れていました。 ネットで調べた他の弁護士の先生に相談しましたが、先生と直接お話しする事はなく、取次の方の応対が何だか冷たくて、そんなものかなと一度は諦めました。でも、やはり現実は変わらず、もう一度ネットで調べてこちらのサイトで先生の優しそうな写真を見てお願いしてみようと決心しました。 先生からはすぐにメールや電話でご連絡を頂いて、とても丁寧に対応して下さいました。 分からない事は分かるまで説明して下さって、、、何度もすみませんでした。 出来る範囲で返済の目処も立って、新たな気持ちで生きて行けます。あの時諦めなくて良かったです。 先生、本当に有難うございました。

任意整理(50代 女性)

相談に行く前は常に支払いの心配でいっぱいでしたが、話しを聞いて頂き丁寧に説明と解決策を提案してもらって、悩みから解放された気持ちでした。その場で債務整理を依頼し和解までの数ヵ月間は毎月の支払いに追われていた頃と比べると、気持ちに余裕が出来ましたし、お金に対する考えも変わった気がします。 毎月の支払いが10万円から2万5千円になり、負担もかなり減り頑張って完済しようと思います。 早く相談すればよかったなと思いました。 先生、本当にお世話になりました。 また、何かあれば相談したいと思います。

任意整理(50代 女性)

毎月返済をしていましたが元金が減らず完済の目途が全く立たなかったので、先生に相談したところ、方針をしっかり検討したいただき、それに伴うリスクなどもあらかじめ丁寧に説明してもらえました。 先生に交渉していただ結果、すべての債権者と私が希望している内容で和解することができ、感謝しています。まだ返済が始まったばかりですが、これまで完済の目途が全く立たなかったものが、数年先には完済できることになり、とても安心しております。

任意整理(20代 女性)

任意整理をしてもらったことで 毎月の支払い額が減ったことが良かったです。 先生には本当に感謝です。 書類を丁寧に書いて下さっていて、返済期間 最終回支払いなど書いていてわかりやすかったです。 色々分からないこともあったので、分からないことはメールで質問していましたが、親身に答えてくれて助かりました。 色々と質問したので、返信が大変だったかもしれないと思いました。 わたしは車を持っていないので、駅近で立地も良かったです。

任意整理(30代 女性)

先生本当に有難うございます。不安でいっぱいで上手く説明できない私の話を、親身になって聞いてくださり感謝しています。 借金の任意整理で相談に行き、色々とはなしを聞いてくれて助かりました。 進展があるとすぐに連絡をくれたりと、丁寧にサポートしてもらえて本当に助かりました。お世話になりました。 他のところも色々聞いてみたのですが、他の事務所よりも安い値段で引き受けてくれたので助かりました。大変お世話になりました。

任意整理(40代 男性)

任意整理に関するよくある質問

Q1.任意整理をすると毎月の返済が減りますか?

Aはい。

まず,任意整理を行うと将来利息のカットを行うことができ,任意整理後は一切利息が発生したいことになるため,返済額を減額することができます。 さらに,任意整理では一般的に3~5年の長期の分割返済になるので,毎月の返済額を減額することが可能です。ただし,借入額が高額な場合,任意整理を行っても毎月の返済額が減額されない若しくは増額する場合があります。
Q2.任意整理を依頼すると債権者からの取立ては止まりますか?

Aはい。

弁護士に任意整理を依頼すると,債権者に受任通知を発送しますので,通常は依頼者様への請求が止まります。
Q3.ギャンブルや浪費が原因の借金でも任意整理をすることができますか?

Aはい。

任意整理は裁判所を利用しない任意の手続きであるため,自己破産の場合とは異なり,借金の原因は問われません。
Q4.一部の債権者だけ任意整理をすることはできますか?

Aはい。

任意整理は裁判所を利用しない任意の手続きであるため,例えば,住宅ローンや自動車ローンを除いた借金だけを任意整理をすることができます。
Q5.家族に内緒で任意整理できますか?

Aはい。

債権者との交渉はすべて弁護士が依頼者様に代わり行いますので,家族に内緒で任意整理することは可能です。ただし,ご家族が保証人になっている場合は,債権者から全額請求されることになるので,ご家族に内緒で任意整理をすることはできません。
Q6.保証人に迷惑はかからず任意整理できますか?

A

主債務者が任意整理をした場合,保証人は債権者から全額請求されることになります。そのため,保証人が要る場合は,保証人の方も一緒に任意整理するなどの対応が必要になります。どうしても保証人に迷惑をかけたくないということであれば,保証人がついていない債権者のみ任意整理を行うという方法もございます。
Q7.任意整理をすると新たな借り入れはできなくなりますか?

Aはい。

滞納をしたり、弁護士が受任通知を送ったりした場合、当該情報が個人信用情報機関に登録されます。そうすると、新たな借り入れの審査に通らないことが多いため、任意整理をすると新たな借り入れはできなくなるといえます。
Q8.正社員でなくとも任意整理はできますか?

Aはい。

任意整理は、債権者と和解をして今後も返済をすることになるため、返済金の準備のためには収入がなければ難しいといえます。しかしながら、きちんと収入のある方であればアルバイトの方、パートの方など雇用形態は問われません。
Q9.任意整理をすると官報にのりますか?

Aいいえ。

任意整理は、裁判所を利用する手続ではありませんので、官報に掲載されることはありません。
Q10.破産の場合、持家や自動車は手元に残せないと聞きました。任意整理でも手放さなくてはならないのでしょうか?

Aいいえ。

破産手続は、破産者が財産を持っていた場合、その財産をお金に換えて債権者に分配することがあります。特に不動産や価値のある自動車を持っていると、その財産を持ち続けることは難しいといえます。しかしながら、任意整理であれば、債権者に返済する原資の準備ができれば、持家や自動車などの財産を持ち続けることは可能です。
Q11.弁護士に頼まずに、自分で債権者と交渉することはできますか?

Aはい。原則は可能です。

しかしながら、ご本人と債権者との交渉では、支払回数の引き上げや、遅延損害金の減額、将来利息免除などの面で弁護士が交渉した場合と比較して、不利な条件となる可能性があります。 弁護士が債権者と交渉する場合、ご本人の予算や収支状況を確認しながら、バランスの良い返済計画を作成します。さらに、支払回数の引き上げ、遅延損害金免除(減額含む)、将来利息免除など返済総額・期間についても弁護士にご依頼頂いた方が利益を得ることができる可能性が高いといえます。
Q12.何か月も返済を延滞してしまい、債権者から裁判を起こされ訴状が届きました。このような場合でも任意整理はできますか?

Aはい。

裁判を起こされてしまっても、訴訟上や訴訟外で和解をすることができます。 しかしながら、裁判を起こされた段階では、遅延損害金の免除は原則しないという債権者も多く、裁判前に和解する方が支払総額は低いといえます。 また、債権者によっては裁判後に給料差押えによって、容易に債権回収ができることから、差押えを避けるため債権者が応じるラインまで和解の条件を上げざるを得ない場合もあります。 いずれにしても、裁判前の方がより良い条件で解決できることが多いといえますので、支払いについて悩まれたら、一度ご相談下さい。
Q13.どのような場合に任意整理を利用することができますか?

A一定の収入(年金のみも含む)があれば可能です。

任意整理は一般的に3年~5年程度の分割返済になるため、返済のための原資が準備できる程度の収入があれば可能です。
Q14.任意整理によって賃貸マンションの契約更新が出来なくなりますか?

Aいいえ。

家賃の滞納がなければ、契約更新に影響はありません。 ただし、任意整理の対象にしたクレジット会社のカードで家賃を支払っている場合、カードが利用停止となり家賃の引落しが出来なくなるため、支払方法の変更が必要です。
Q15.クレジットカードでのショッピング残高も任意整理できますか?

Aできます。

ショッピングで生じた債務も任意整理可能です。 ただし、購入した商品の所有権がカード会社に残っている場合(所有権留保と言います)は、商品の回収を求められる場合があります。